新QHMいよいよ、あと2週間でお披露目か?

7月8日(月曜日)のfacebookに新QHMについての新たな情報が入った。

以下の内容になる。(北研さん、そのまま使わせていただきます。ごめんなさい。)


* 次期QHMの進捗をご報告 *

方々で、「まだか、まだか」とご期待頂いている
次期QHMは、あと少しでリリースできます。
とはいえ、以下のようになります。

(1)名前が変わります

加速学習という分野を学び、短時間で高いレベルの技術や知識を習得できる教授方法がわかりました。いくつかテストしたところ、短時間に深いレベルの知識(特に暗黙知に近いもの)が学べます。この方法を使えば、「自分で自由にカスタマイズする力」を身につけていただけます。ソフト+Webの知識によって、もっと沢山のことができるようになります。

その結果、システムは、できるだけシンプルにして、「要望に応じて、自由にカスタマイズ」できるソフトとして、ほとんどの機能を作りなおしました。書き方などは、そのままですが「ほぼ別物」のソフトになりました。

結果、ソフト名を別のものとして提供いたします。
名前は、、、お楽しみに!

(2)テーマは禅です

新システムは、あらゆるものを削ぎ落としました。余計な機能を削ぎ落とすだけでなく、デザイン(装飾)を削ぎ落とすことで「画像を一つ変えるだけで、独自デザイン」に見えるようになります。テクスチャ(背景)を変えて、画像を変えれば、オリジナルに見えるようになります。

また、段組レイアウトが自在になったことで、レイアウトによって見やすく、分かりやすいWebサイトが作りやすくなります。

もちろん、Bootstrapというモダンな機能によって、スマホ、タブレットにも対応します。

* 補足
おもしろい事に、「シンプルにすればするほど、反応率は上がる」というテスト結果があります。シンプルが故に、今までよりも、もっとコンテンツを作ることに集中できるようになります。

(3)基本、無償提供です

新システムは、より多くの人に使って頂くために「3つ(もしくは6つ)のシンプルで応用性の高いデザイン」とともに無償提供します。そして、それらを素早く学び、カスタマイズするための「知識」「教育」を販売いたします。もし、気に入って下されば、是非、多くの人に配りまくってください。可能なら日本初の「世界中で使われるWebサイト専用のシステムの一つ」にできればと思っています。

(4)QHM Professionalに当たる部分は、Developerに

システムと基本的なヘルプはすべて無償で広く提供します。その代わり、もっと活用したい、様々な機能(たとえば、Facebookグループと連動した会員サイト)を活用したいというプロフェッショナルユースのための知識、技術、ノウハウをため込んだ会員サイトを作ります。ここでは、シンプルなもの以外にも、豊富なデザインを提供予定です(海外から購入して、カスタマイズなど)。

これらのサイトはプロ用、つまりDeveloper用ということで、こちらがQHM Professionalを引き継ぐようになります。今までよりも、もっと沢山の活用ができるようになりますので、是非、お楽しみに。

(5)リリース時期は?

今から2週間以内に「まずは、新システム + 教育」をリリースします。その後、Developerを一気に作り上げて、提供していきます。是非、ご期待下さい。


素朴な疑問

Open QHMとQHMProの関係と同じだとしたら、結局は有償版でないと不便なのかな?

まずは無償版で使い勝手を学んでからだけど・・・

僕のお気に入りQblog機能は、新システムでも継承されますように・・・


コメント


認証コード5585

コメントは管理者の承認後に表示されます。