レンタルサーバーのPHPを7.1にした実験

HAIK-CLUBが「HAIKをPHP7.0に対応」と発表をした


2017年4月20_HAIK-CLUB_NEWS

画像は「HAIK-CLUB」サイトから抜粋


HAIKユーザーの有志が運営するサイト「HAIK forum」を、いつも参考にさせて頂いている為、HAIKがPHP7に対応するためのバージョンアップ情報は、何となく掴んでいたけれども、当時はまだHAIK_ver7.0.Xはβ版だった事もあり、PHPのバージョンアップ実験は正直、面倒くさかった為に実験はしていなかったが、2017年4月20にHAIK-CLUBサイトのNEWSで『PHP7.0へ対応し、スマートフォンへ対応したホームページを作成する為の「プレビュー機能」が実装されました。』と記載されていたことから、やっとHAIK-CLUBも公式でPHP7への対応を発表した。

そんな経緯もあり今回、僕もPHPのバージョンアップ実験をする決心がついたのだ。


現在のPHPのバージョン

  • ver5.6


実験内容

PHPのバージョンを現行のver5.6からver7.1へ変更してみる。


実験結果

HAIK_ver7.0.Xのサイトは、問題なく表示されたが、HAIK_ver6.0.11のサイトは表示がされなくなってしまったので、すぐに元のPHP_ver5.6に戻した。

ついでにHAIK_ver7.0.2に追加された機能「新プレビュー」はHAIK_ver7.0.5では動いた。

というのもPHP_ver5.6では動いてくれなかったので、ついでだからHAIK_ver7.0.5の運営サイトで実験をしてみたのだ。

なにぶんHAIK_ver6.0.11で運営しているサイトのほうが多いため、レンタルサーバーのPHPのバージョンを7.1に変更するのには、もう少し時間がかかりそうである。


追記 2017年7月8日

翌日の7月8日に面倒くさがり屋の僕としては珍しくPHPのバージョンを7.1に変更することができた。

何が起こるか予想ができない為にHAIKで作成したサイト全てのバックアップを取ってから、HAIKのバージョンを7.0.5にした後にレンタルサーバーのサーバーコントロールパネルにログインして「アプリケーションの設定」-「PHPのバージョン選択」と進み、PHPのバージョンを5.6から7.1へ変更した。

PHPの変更自体は、30秒もあれば終わってしまうのだが、問題はバックアップにかかる時間だ。インターネット回線が光ではない為にサイトボリュームのあるデータだとFTPソフトでのバックアップには30分くらいダウンロードに時間がかかる。

HAIKのフルバックアップ機能ならファイルが圧縮されてダウンロードするので5分くらいで終了するけれども今回のようなPHPの変更をする場合やHAIKのバージョンが大幅に変わる場合にはFTPソフト経由の生データのバックアップを取るようにしているので、どうしても腰が重くなってしまう。

そんな訳で「いつかは、やらなくてはいけないPHPの変更の作業」を気分が乗った、この日にやってしまったのである。


関連記事


コメント


認証コード9505

コメントは管理者の承認後に表示されます。