もうSEO対策は、HAIKに任せるだけにしている

アクセスアップに躍起になっていた、あの頃

QHMを知る前も知った後も、SEO対策に関する事をインターネットや書籍などで調べば調べる程、アリ地獄のようにハマってしまう僕がいた。「相互リンクをしよう」「被リンクを増やす為に沢山の無料ブログを運営しよう」「ページ毎にキーワードを記述しよう」etc・・・

10年程前だと「相互リンク」や「無料ブログからの被リンク」はSEOの定石で、その他だと敷居の高い「yahooカテゴリーへの登録」などもあった。「QHMは、SEOに強い」と北研さんの説明があったけれど、やはり世の中が「SEO!!SEO!!」と、まるでトランス状態に入った米国人の「U・S・A!!U・S・A!!」に似ていた感覚だったので、素直に僕もSEO対策を出来る範囲でやっていた。


他人のサイトは、どうか分からないが、そんな事もあって、僕からしたら嬉しい事に運営しているサイトの1日のユニークアクセス数が1,000を超える時がやって来た。

「面倒くさい相互リンクや無料ブログからの被リンクをしてよかった」と、その時は喜んだものだったけれど、暫くしてパンダやペンギンにやっつけられてしまい、ユニークアクセス数も、ある日を境に激減した。

ナチュラルリンクがSEOに有効な事は現在も変わっていないけれど、胡散臭い被リンクはGoogleが嫌っているから、そんな事もあって現在では小手先のSEOテクニックは、もうやめる事にした。


僕がやっている最低限のSEO対策

HAIKを使って新規サイトを作り始めてから、ある程度サイトが形になってきた後に僕がやっているSEO対策だ。


  • HAIKの「設定」-「サイト情報の設定」にキーワードなどの必要事項を記入する。
    • 実行のタイミング
      「サイト情報の設定」の項目は、新規サイトを追加した時に仮で入力をしておいて「GoogleへサイトURLの送信」をする前に1度見直しをしてからURLを送信している。
  • GoogleへサイトURLの送信。
    • 実行のタイミング
      作成しているサイトのコンテンツ量が自分の中の基準(5ページ〜10ページ位)を達した後にGoogleへサイトURLの送信をしている。
  • Google Analyticsへの登録。
    • 実行のタイミング
      GoogleへサイトURLの送信をした後に行う。
  • Google Search Consoleへの登録。
    • 実行のタイミング
      Google Analyticsへの登録をした後に行う。
  • sitemapの送信。
    • 実行のタイミング
      Google Search Consoleへの登録をした後に行う。


あとは、気が向いたら個別ページにキーワードを設置するくらい。でも、現在では本当に効果があるのか分からないので、本当に気休め程度。HAIKテーマの登場でレスポンシブデザインへ対応できた事は、とにかく大きいので、この事も北研さんには感謝をしたい。


無料ブログやSNSの記事をQblogへ移動している

Qblogの機能が追加されたQHMには、本当に感謝したい。簡易ブログ機能の頃には、比べものにならない位にブログ記事の運営が楽になったからだ。

そんなQblog機能の登場で、数年前から過去に無料ブログやSNSに書いていた記事を関連がある運営サイトへの引っ越しをしているが、当然ながら記事の移動をした後は、無料ブログやSNSの記事は、削除してしまうので被リンクを設置している記事からも被リンクは消えてしまう。

「でも、もういいや!!」と思うようなり、SEOはHAIKに任せる事にした。


SEO対策に時間を割くよりも、SEO対策は最低限にして、人の為に役立つコンテンツ作りに時間を使ったほうがシンプルだという考えに変えた。というか基本に戻る事にした。QHMとHAIKサイトの運営体験でわかった事は、サイトコンテツページは、ページ毎の1日のユニークアクセス数を見ても、1つのページで100を超える事はあるがQblogで書いたページだと2桁止まりである。

それは恐らく当時、北研さんが説明していた「QHMとQbogは内部構造が違う」という事が関係しているのかもしれない。しかし、Qblogの記事が増える事によってサイト自体の質量も増えている事は間違いないので、急激にアクセス数が増える事は無いにしても、Qblogの記事数がアクセス数の安定化に貢献していることは肌で感じている。

そんな訳で無料ブログには、世の中に「blogというツールが流行り出した頃」に記事を書く練習もさせて貰ったり、被リンクを増やす為にも利用する事が出来たりしたが、そろそろお別れである。


それほどQblogは便利なのだ。

北研さんのゴタゴタ騒動は、残念でならないけれど、NEW kamedaさんにも何だかんだ言って期待してしまっているから、どうか「HAIK-CLUB」を本物に仕上げてほしいと願う今日この頃。


コメント


認証コード7203

コメントは管理者の承認後に表示されます。