PHPをVer7にすると使えなくなるHAIKツール



PHPのバージョンを7.xに変更すると「FWD3」は使えなくなる

PHP5.xまでは、HAIKで使えていたURL圧縮ツールの「FWD3」は、PHPのバージョンを7.xにバージョンアップすると下記のように編集画面から「ツール」-「FWD3」をクリックしてもエラーになってしまうので、HAIKの使えない機能となってしまった。

とはいえ僕は、この「FWD3」を使ったことがないので、便利な機能だったのかどうかは分からないが、QHMの頃から「FWD3」を使っているQHMもしくはHAIKユーザーでPHPのバージョンを7.xに変更したはいいがPHPのバージョンアップ後に「FWD3」が使えなくなっている事に気がつかない人もいるかもしれないので注意が必要だ。

HAIK編集画面「ツール」-「FWD3」

クリックをすると

Parse error: syntax error, unexpected 'new' (T_NEW) in 【サーバー上のディレクトリ】.php on line 53

と表示されてしまう。


「FWD3」の変わりに使うURL圧縮プラグイン

PHPを7.xへバージョンアップ後に「FWD3」が使えなくなると、今度は外部ツールを使ってURLの圧縮をしなくてはならないと思いきや、QHM時代から現在のHAIKに標準装備されているプラグインの「permalink(パーマリンク)」を使えば圧縮URLを生成してくれる。


Short URL :

書き方は「#permalink」と書く。

#permalink


僕の「permalink」の使い方はフッターに「//#permalink」と設置してあり、URLを圧縮したい場合のみ使っているが、メルマガを発行している訳でもないので、殆ど不必要なプラグインだったのだが「久しぶりに出た、不可解なFatal error」のような予期せぬHAIKトラブルがあった際に、この「#permalink」に助けられたので、滅多に「permalink」は使わないけれどフッターに設置をしておいて良かったと思う。

というのも「HAIKで圧縮URLの生成ってどうやるんだったけ・・・」と思い出す手間が省けたからだ。QHM時代から使っている「//(ダブルスラッシュ)のプラグインで文字を非表示にする」は、こういう時に便利だ。

しかし、「FWD3」を使っていたQHM及びHAIKユーザーは、今まで生成した圧縮URLがPHPのバージョンアップによって消えてしまったら、冷汗が出るのではないかと素朴に感じてしまった。


今後もHAIKないしPHPのバージョンが変わる度に注意が必要だけれど、特に注意が必要なタイミングはメジャーアップデートの時。

HAIKでいうとバージョン5から6にバージョンアップした時、PHPだと今回の5から7に変更になった時で、数字の2桁目が変更になる時は慎重にならざるを得ない。

僕は「FWD3」を使っていなかったので良かったけれど、これが「SWFU」だったとしたら困ったので、PHPのバージョンアップはしなかったかもしれない。

まーそんな感じ。


コメント 2017.07.20 22:49:26|立野博一

ありがとうございます

有益な情報を、ありがとうございます!
私はfwd3を使っているので、とても参考になりました。

Haikも、現状では問題無く使えているのですが……、
PHPは微妙ですね〜。


コメントへの返信 2017.07.21 13:41:33|運営者のmanatoです。

Re: ありがとうございます

コメントを頂きありがとうございました。

こんな記事でも、役に立てて光栄です。

FWD3を お使いの方は暫くの間はPHP5.xでHAIKを動かしておけば問題はないと思います。

では、お互い楽しいHAIK LIFEを!!


コメント


認証コード3338

コメントは管理者の承認後に表示されます。