いつのまにか、QHM haikとなっていた

facebookに情報が来るようにしてあるので、最近頻繁に北研さんのhaik開発の情報が動きだしたような気がする。

僕が拘っている、QHMのブログ機能なのだが、「使えるようになった。」ということがfacebookの他ユーザーとのやりとりで書いてあったものだから、「お?」と思って、自分のβ版haikのテストページでやってみたが・・・

どこにも「ブログ機能を追加」というのが見当たらない。

なので、僕もfacebookに書き込みをして北研さんからコメントがこないか待っていたら翌日、返信が来た。


従来のQHMと同じように、設定から「ブログを開始」で始められます。haik専用の設定画面ではありませんので、ご安心下さい。

(株)北摂情報学研究所のfacebookから引用。


上記が北研さんのスタッフから実際の返信内容なのであるが、僕は「???」だった。

無料で配布されていたβ版とは別なのか?

仕方がないので、北研さんのfacebookを時系列で遡って開発履歴を読んでみると2014年6月7日の投稿に・・・


来週リリースします。

いよいよ、haik を正式リリースします。
最終的に、haik は「QHMの追加テーマ」として実現しました。

その結果、、、

『今のQHMに、そのまま使える』

ようになりました。

つまり、QHMにログインした後、

1. 『デザイン設定』画面を出し
2. haikテーマを取得し、
4. 適用!

これで、デザインを刷新できます!
サイトの移行など、難しいことをしなくても大丈夫です。

また、haikテーマは、更に以下のような特徴があります。

1. すべてのデザインは、レスポンシブデザイン
 iPhone、iPad、Androind、PC に自動対応

2. すべてのデザインは、カスタマイズ可能

3. 新しい段組機能、セクション機能で多彩な表現が可能

4. ただ書くだけ、画像を貼るだけでも美しくなる

5. ロゴがなくても、良い感じにできるデザインを用意

などなど、並のWebデザイナーを凌ぐデザインを自分で実現することができます。

詳しい画像などは、こちらです。

(リンク切れの為に削除した。)

追伸:

なお、haikテーマをフルに活用してもらうための「オンライン・デザイン講座」も、合わせてリリースします。お楽しみに!

追伸2:

勉強会も開催します!

(株)北摂情報学研究所のfacebookから引用。


と書いてあった。

「ん?QHMの追加テーマとなる?」

それはそれで嬉しいけれど以前のβ版は、放り投げたんだwww。

で?

無料で試せるのか?

いや、有料になっていた。(3万円)


「QHM haikの追加テーマ」を購入して、従来のデザインの変更でhaikデザイン(10パターン)を選択するという事なのだそうだ。

そうすれば「QHMなのでブログ機能も普段どおり使えますよ。」ということなのだ。

ここで、初めて納得した。


今回の結論

まだ、開発も発展途上で安定していないし、haikの仕様に振りまわされてしまうのが目に見えているため、購入するのは時期尚早だと判断した。

haikは「レスポンシブデザイン」を使いたい人向けに開発をしているのでレスポンシブデザインに、拘っていなければQHMで十分なのだ。

確かに魅力的だし、今後は購入すると思うけれど、北研さんのhaikへの力の入れように今ひとつ引っかかる事もあったりして、デザインよりコンテンツ重視にQHMで作成しておいて「QHMからスムーズにhaikテーマに変更できるようになってからhaikテーマを購入しよう」という結論になった。


コメント


認証コード9871

コメントは管理者の承認後に表示されます。